借金の一本化とは?おまとめローンのメリットやデメリットを解説

  • by

借金の返済がきついと感じたときに取れる方法の一つとして、おまとめローンによる借金の一本化があります。

ここでは、借金を一本化するデメリットやデメリットに加え、一本化で借金問題を解決できない場合の対処法を解説していきます。

借金の一本化とは?メリットも解説

借金の一本化とは、銀行や消費者金融が提供している「おまとめローン」でお金を借りて今ある借金をすべて返済し、その後はおまとめローンを提供している会社にのみ返済を行うという方法です。

おまとめローンで借金を一本化すると、借金の返済先が1社になるので返済の手間を減らすことができるほか、それまでよりも金利を安く抑えられることも多いというところもメリットです。

借金の一本化にはデメリットもある

おまとめローンで借金を一本化すると返済期間を長く設定できることが多いですが、長くしすぎると支払う利息の総額がかえって高くなることがあります。

例えば、エポスカードとレイクとプロミスの3社から金利18%で合計120万円の借金をしている場合、一般的には毎月の返済額が43000円程度になるため、支払う利息の総額は36万円程度です。

ここで金利14%のおまとめローンを利用し、返済期間を5年に設定した場合、毎月の返済額は約28000円まで抑えられますが、支払う利息の総額は475000まで増えます。

余計な利息を支払いたくない場合は、毎月の返済額を小さくしすぎないように注意してください。

一本化で借金問題を解決できない場合は債務整理がある

借金の一本化では返済の手間や負担が軽くなりますが、借金自体を減額するものではないため、十分な収入がないとやはり返済は苦しくなります。

借金の一本化をしても返済が楽にならない場合は、借金減額の正式な手続きである「債務整理」を検討することをおすすめします。

債務整理は弁護士や司法書士に依頼して行うと簡単に手続きを済ませることができますので、まずは弁護士事務所や司法書士事務所に相談してみてください。

まとめ

借金の一本化とは、おまとめローンでお金を借りて今ある借金をすべて返済し、その後はおまとめローンを借りた会社にのみ返済を行っていくという方法です。

借金を一本化すると返済の手間が減ったりそれまでより金利が低くなったりするというメリットがありますが、返済期間を長くしすぎると支払う利息の総額がかえって大きくなってしまうというデメリットもあります。

なお、借金の一本化をしても返済が苦しい場合は、債務整理で借金を減額してもらうという方法もあります。