個人再生とは?借金をいくら減らせる?

  • by

高額の借金を返済できないと悩む人の中には、個人再生を検討している人も多くいるでしょう。個人再生は、借金を大幅に減らすことができるのに加え、マイホームを手放さなくてよい債務整理方法です。

ここでは、個人再生をとは何か、個人再生のメリットやいくら減額できるのかなどについて、簡単に説明します。

個人再生とは

個人再生とは、高額な借金の支払いができなくなった人を救済するため、法律で認められた債務整理方法の1つです。
借金の総額を5分の1〜10分の1程度に減額し、原則3年で返済を完了すれば、残りの借金を免除してもらうことができます。

個人再生は裁判所を通し、裁判所から個人再生してもよいと認可を得る手続きです。家計収支などの資料を提出し、再生計画に沿って返済ができるかどうか判断を受けます。複雑な法的手続きのため、一般的には、弁護士に依頼する人が多いでしょう。

個人再生ができる条件

個人再生をするには、将来的に継続した収入があることが必要です。個人再生は自己破産とは違い、再生後も借金の返済があるからです。

また、借金の総額が5000万円以下でなければなりません。

他にも、過去7年以内に個人再生や自己破産をしていないなど、細かな条件がいくつかあります。

個人再生をするメリット

個人再生を行うメリットは、次のような点です。

・借金を大幅に減らした上で、原則3年の分割払いにできる。
・「住宅ローン特則」によりマイホームを残せる。
・自己破産と違い、車などの財産を処分しなくてよい。

個人再生には「住宅ローン特則」が認められています。
住宅ローンを債務整理すると、抵当権がつけられている場合、住宅は取り上げられてしまいます。しかし、個人再生では、住宅ローンだけ債務整理の対象から外し、ローンの支払いを続けることで、マイホームを保持することができます。

また、自己破産は借金を0にできる強力な手続きですが、その分財産の処分が必須となります。しかし、個人再生では財産の処分は必須ではないため、車などの財産を残すことができる可能性があります。

個人再生で借金をいくら減額できるのか?

では、個人再生では借金を一体いくらまで減額できるのでしょうか?
借金額によって、以下のように定められています。

100万円〜500万円  → 100万円
500万円〜1500万円 → 借金額の5分の1
1500万円〜3000万円 → 300万円
3000万円〜5000万円 → 借金額の10分の1

例えば、600万円の借金があるAさんは、5分の1の120万円に。2000万円の借金があるBさんは300万円に借金を減らすことができます。

ただし、「所有する財産の合計額」が上記の額を超える場合は、返済額がその合計額まで増えてしまいます。例えば、200万円の価値がある車をAさんが持っているなら、借金は120万円ではなく、200万円までしか減らすことはできません。

減額された借金は原則3年、36回の分割払いで支払っていきます。120万円まで減額できたならば、月々の返済額は約3.3万円となります。

まとめ

個人再生は、借金の総額を5分の1〜10分の1まで減らし、原則3年で返済をする制度です。
個人再生には「住宅ローン特則」が認められており、マイホームを残すことができます。
また、財産の処分が必須ではなく、車などの財産を手元に残せる可能性があります。