自己破産とは何か?自己破産をする3つのメリット

  • by

借金の返済ができないと苦しむ人の中には、自己破産をしてゼロからやり直したいと考えている人も多いでしょう。自己破産は、その名の通り自分の財産を処分する代わりに、借金を0にしてもらう手続きです。ここでは、自己破産とは何なのか、メリットや自己破産ができる条件などについて、簡単に説明します。

自己破産とは

自己破産とは、債務整理の中で最も強力な方法です。税金や養育費など以外、全ての借金を免除してもらうことができます。
自己破産は、裁判所に破産の申し立てを行う裁判手続きです。裁判所が収入や財産の様子から借金が「支払い不能」であることを認め、借金の免除を許可します。

借金を免除してもらう代わりに、財産がある場合は、財産を処分してお金に替えなければなりません。
しかし、破産後の生活に最低限必要な財産は、処分せず手元に残すことができます。例えば、家財道具や20万円以下の預貯金、99万円以下の現金などです。

自己破産は、債務整理の最終手段ではありますが、破産後も最低限の生活を送ることができるように制度設計されています。

自己破産のメリット

自己破産のメリットは、次のような点です。

・全ての借金を0にできる。
・借金の取り立てや差し押さえをされることがなくなる。

借金を滞納していると、財産や給料などが差し押さえられることがあります。
自己破産の手続きが始まると、破産手続きを通じなければ借金を回収することができなくなるので、取り立てや差し押さえにあう心配がありません。

自己破産ができる条件

自己破産は「支払い不能」と認められれば、誰でもできる手続きです。
しかし、不当な破産を防ぐために、裁判所に借金の免除を認められない場合があります。

例えば、浪費やギャンブルが借金の原因である場合や、特定の人や会社にだけ借金の返済を行なった場合、破産の申し立て時に財産隠しを行なった場合などです。

認可が下りるかどうかは裁判官の裁量であるため、程度によっては認められることがあります。実際、借金の免除が認められないケースはほとんどありません。

破産手続きの流れ

自己破産の手続きは、一般的に、以下のような流れで行います。

弁護士へ依頼

受任通知の送付

必要書類の準備

破産申し立て

借金の免除(免責)決定

裁判所に破産の申し立てをした際に、処分すべき財産がある場合は、「管財事件」、財産がない場合は「同時廃止事件」となります。
管財事件では、破産管財人が選任され、財産の処分と配当を行います。そのため破産手続きが複雑で、非常に時間がかかるだけでなく、裁判所への予納金も多額になります。

個人が破産する場合、財産を持っていないことがほとんどですので、多くは同時廃止事件として処理されます。

まとめ

自己破産は、財産を処分する代わりに借金を0にできる強力な方法です。
裁判所に借金が支払不能であると認めてもらい、借金免除(免責)の許可を得る必要があります。
浪費やギャンブルが原因の借金では、免責の許可を得ることはできません。

自己破産をすると、借金の取り立てや差し押さえはストップします。
破産後の生活に最低限必要な財産は没収されません。