債務整理のデメリットとは?クレジットカードや生活への影響

  • by

借金を減らして借金問題を解決できる債務整理ですが、気になるのはそのデメリットです。債務整理をすると、ブラックリストへ登録され、クレジットカードや車など日常生活に少なからず影響を及ぼす可能性があります。ここでは、債務整理をすることによるデメリットについて、簡単に説明します。

ブラックリストへ登録

債務整理の方法には、「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類があります。この3つに共通するデメリットは、ブラックリストに登録されることです。ブラックリストとは通称で、正確には信用情報機関に事故情報が記録されます。つまり、債務整理をしたという事実(事故情報)が、カード会社や消費者金融(信用情報機関に加盟する会社)などに広く知れ渡るということです。ブラックリストへの登録期間中は、主に以下のことができなくなります。

・クレジットカードを新規で作成する
・クレジットカードやキャッシングを利用する
・ローンを組む
・スマホの分割払い
・保証人になる

ブラックリストの登録期間は、任意整理で約5年、個人再生・自己破産で5〜10年ほどとなります。

保証人への影響

自己破産・個人再生の申し立てをすると、保証人へ借金の請求がいきます。

任意整理の場合は、保証人のいる借金を外して債務整理をすることで、保証人への影響を避けることができます。

会社や家族にバレる?

任意整理をする場合は、誰にも知られずに手続きができる可能性が高いです。それは、必要書類が比較的少なく、官報へも掲載されないからです。

対して、個人再生や自己破産を選んだ場合は、家族に秘密にしておくことは難しいでしょう。裁判手続きのため必要書類が多く、最悪の場合、家や車を失うことになるかもしれないからです。

個人再生や自己破産では、手続きが完了すると官報へ氏名・住所が掲載されます。

官報をチェックしている人は少ないので、知人や会社にバレる可能性は低いと考えてよいでしょう。

車や持ち家はどうなる?

任意整理では、車のローンが残っていても、車は没収されず残すことができます。車のローンは任意整理の対象から外せばいいからです。

一方、個人再生や自己破産では車を手元に残すことは難しいかもしれません。

車のローンが残っている場合、所有権はまだ販売元にあるので、車は引き上げられてしまうことがほとんどです。

自動車ローンの支払いが終わっている場合も、自己破産では財産を手放さなくてはならないため、車も処分しなければならない可能性があります。

住宅ローンについても同じですが、個人再生の場合は「住宅ローン特則」を利用すれば、住宅ローンだけ外して債務整理をすることができるので、マイホームを残せる可能性は十分にあります。

まとめ

債務整理には、「ブラックリスト登録」「保証人への影響」「官報に掲載」「車や持ち家への影響」といった様々なデメリットがあります。

クレジットカードの利用制限や車の没収など、債務整理後の生活に影響を及ぼすことがあります。

債務整理をしたことが、会社や知人にバレる可能性は低いと考えられます。