債務整理とは何か?

借金で苦しんでいる方たちは、債務整理の手続きを行うことで、借金生活から抜け出すことができます。
債務整理をすると、借金の支払いは一旦ストップします。そのあとは、借金を自分の生活に合わせて免除または減額してもらったり、返済の猶予を与えてもらったりして、生活を立て直すことができます。

ここでは、債務整理とは何かに加えて、具体的な手続きの種類やそれぞれのメリットについて、簡単に説明します。

債務整理とは

債務整理とは、借金を減らしたり、返済に猶予を与えてもらったりすることができる法的な手続きのことです。

法的な手続きですから、弁護士を通して裁判所に借金減額の認可を得たり、カード会社と交渉を行ったりする必要があります。

債務整理には、主に3つの方法があります。

それは、「任意整理」「個人再生」「自己破産」です。

他にも、払い過ぎた利息を返還してもらうことのできる「過払金請求」も、債務整理の1つの方法ということができるかもしれません。

これらの方法のうち、自分に合ったものを選択して債務整理をすることで、借金を減額して返済しやすくしたり、借金を0にしたりすることができます。

仙台で債務整理を検討中の方はこちら

最も手軽な債務整理「任意整理」

任意整理とは、弁護士や司法書士が代理人になってカード会社と交渉し、将来かかる利息のカットや長期の分割払いに応じてもらい、借金を返済しやすくしてもらう手続きです。

裁判所を通さない手続きのため、煩雑な手続きが少なく、財産の没収や法的な制限を受けることがありません。その点で、最も手軽な債務整理の方法といえるでしょう。

マイホームを残せる「個人再生」

個人再生とは、借金を大幅に(金額に応じて5分の1〜10分の1程度)減額し、それを3〜5年で返済していく再生計画を裁判所に認めてもらう手続きです。

個人再生では、自分の持っている財産をお金に変えた価値以上の金額までしか、借金を減らすことはできません。

しかし、「住宅ローン特則」を使用すれば、住宅ローンの残るマイホームを処分せずに債務整理を行うことができます。

マイホームを残しつつ、借金を大幅に減らしたいという方には最適な方法だと言えるでしょう。

借金が0になる「自己破産」

自己破産とは、財産を処分してお金に替え、それでも払いきれない借金の支払いを免除するよう裁判所に認めてもらう手続きです。

自己破産では、生活必需品や少額の財産以外は全て処分しなければなりませんが、借金が0になるという大きなメリットを得ることができます。

過払い金請求

利息制限法に定められた利息よりも高い利率で利息の支払いを続けてきた場合、払い過ぎた利息を「過払い金」としてカード会社から返還されることがあります。

返還された過払い金は、今ある借金の返済に充てることができるので、結果として借金を減額できます。

その点から、債務整理の1つの方法と考えて良いでしょう。

まとめ

債務整理には、主に「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つの方法があります。債務整理によって、借金を減額または0にすることで、苦しい借金生活から抜け出し、生活の再建を図ることができます。債務整理それぞれの特色を比較し、自分に合った方法を見つけることが大切です。